糖尿病は血糖値が高い状態が続く病気です。病気を放置しておきますと、様々な合併症を招くことになります。では、どのような生活をしていると糖尿病になるのかをこれからご紹介していきます。

糖尿病の原因となる生活の日々を送る男性の写真

糖尿病の発症原因と対処方法

人間は、摂取した食事が消化器官で消化吸収され、ブドウ糖に変換され血液により体の各部へ供給されます。細胞の中へは、細胞膜表面のインスリンレセプターが特異的にインスリンと結合する事でブドウ糖を栄養素として取り組む事が出来、細胞がブドウ糖を取り込む事で血糖値が下がり正常な血糖値が維持されています。
糖尿病は、インスリンの分泌量不足や感受性の問題、インスリンレセプターの問題によりブドウ糖が細胞に吸収されず、血液中に留まる事により血糖値が高く維持されてしまう事で発症するので、血糖値を下げる対処が必要となります。
糖尿病は、初期には血糖値が高くても自覚症状は感じる事はほとんど無いのですが、高血糖状態が続くと喉の渇きや疲労感、多尿・頻尿などの症状が現れるのでこの時点で対処するのが望ましいのですが、更に病状を進行させ全身の血管や神経が傷つけ、主要な臓器に悪影響を及ぼしまうケースが多くあります。
糖尿病は、血管細胞が過剰なブドウ糖をソルビトールという物質に変換し血管細胞に溜めますが、血管細胞内のソルビトール濃度が高まり、浸透圧を保つために細胞に水が入ってきて水ぶくれ状態になり、血流障害や酸素運搬障害を引き起こし、糖尿病性の網膜症や腎症、神経障害を発症します。対処が遅れると、心筋梗塞や閉塞性動脈硬化症、脳梗塞、敗血症などの重篤な合併症を発症するリスクが高まります。
糖尿病には、自己免疫などでインスリンが作れなくなる1型、インスリンの分泌量不足やインスリンが作用しない2型、妊娠がきっかけで発症する妊娠糖尿病などがあります。1型は、突然子供に多く発症する特徴があり、インスリン注射で対処します。2型は、約95%の糖尿病患者がこの型とされ、比較的ゆっくりと中高年に多く発症する特徴があり、食事療法や運動療法、薬物療法などで対処しています。