糖尿病は血糖値が高い状態が続く病気です。病気を放置しておきますと、様々な合併症を招くことになります。では、どのような生活をしていると糖尿病になるのかをこれからご紹介していきます。

糖尿病の原因となる生活の日々を送る男性の写真

糖尿病の発病は尿の泡立ちで判断できる

糖尿病は初期のうちはほとんど初期症状はありません。しかし、発病するとさまざまな症状が出てきます。ます、尿の泡立ちが見受けられます。次に喉の渇きです。吸収しきれなかったブドウ糖を尿として排出する為にたくさんの水分が必要となるため生じます。喉の渇きをなくそうと飲み物を大量に飲むようになり、尿の量が増えます。この時に注意すべき点は、尿の泡立ちです。
糖尿病が発病すると、全身の血管や細胞が障害され、さまざまな合併症が発病します。中でも代表的なのが、糖尿病網膜症、糖尿病神経障害、糖尿病腎症で、これらは3大合併症と言います。
糖尿病腎症が発病すると、高血糖の状態が続くことで腎臓の血管が傷つき、腎臓のろ過機能が低下し、結果として尿が泡立ちになる傾向になります。進行すると腎不全となり、週3回程度の人工透析や腎臓移植などの治療が必要になります。
3大合併症の他にも、動脈硬化が進むため、心筋梗塞や脳血管障害、閉塞性動脈硬化症などのリスクが高まります。血管が詰まる閉塞性動脈硬化症が下肢に発病すると壊疽により、最悪な場合は足を切断しなくてはならないこともあります。
糖尿病の進行により下肢を切断した場合は、リハビリテーション医療の一環として、切断手術後すぐに義足を作り、立位訓練や歩行訓練を行うことも大切です。
また糖尿病網膜症は、網膜が障害される病気で、3大合併症の一つに挙げられています。高血糖が続くと、網膜の毛細血管の壁が変性し、閉塞したり、破れたりして視力の低下を招きます。発病の症状としては、ものがかすんで見えたり、視野にゴミのようなものがちらついて見える特徴があります。これは視野障害の一つである。
視覚障害によって、日常生活に支障をきたすレベルまで症状が悪化し、医療的にそれ以上改善が難しい場合は、ロービジョンケアによって、QOLを高める工夫をするようにします。