糖尿病は血糖値が高い状態が続く病気です。病気を放置しておきますと、様々な合併症を招くことになります。では、どのような生活をしていると糖尿病になるのかをこれからご紹介していきます。

糖尿病の原因となる生活の日々を送る男性の写真

糖尿病と低血糖と年次推移について

糖尿病の患者さんの場合、低血糖になることがあります。

低血糖の状態になってしまった場合、どのような症状が糖尿病の患者さんに出るのかというと、急にふらふらとしためまいのような状態、また、くらくらした状態などが起こり、立っていることができなくなることもあります。

また、特に危険なこととして、自転車や自動車の運転をしている最中に、糖尿病の患者さんが、このような低血糖状態を引き起こしてしまうと、車の事故などの原因となり、とても危ない状態になってしまいます。

そのため、糖尿病であると診断され、低血糖になりそうなことが分かる場合には、お医者さんからの指導で、飴などの甘いものや、チョコレート、チョコレート菓子などの甘いもの、ドロップなどのような糖を含んだ食べ物を、持参しているようにと、注意があります。

実際に、このような低血糖状態に陥ってしまった場合には、上記のような、飴玉やチョコレート、ドロップなどを口にすることで、体調がじょじょに回復していくケースとなっています。

糖尿病の患者さんの年次推移は、昔と比べて、大幅に増加しています。

年次推移で比べても、昔はこのような糖尿病の患者さんが少なかった時代から、現代では、日本において3大疾病と言われるまでに、患者さんは増加をし続けています。

そのため、増加し続ける糖尿病の患者さんを少しでも減らすため、メタボリックシンドロームに注意するように会社が指導などを行っているケースもあり、また、肥満などを減らすように、会社側が社員食堂などを改善しているケースもあります。

このように、糖尿病の患者数は、年次推移でどんどんと増加傾向にあり、しかし上記のように改善をうながすような社会作りが行われているという方向性もあります。