糖尿病は血糖値が高い状態が続く病気です。病気を放置しておきますと、様々な合併症を招くことになります。では、どのような生活をしていると糖尿病になるのかをこれからご紹介していきます。

糖尿病の原因となる生活の日々を送る男性の写真

コーヒーを飲む人は糖尿病になりにくい

糖尿病は現代人が抱える代表的な病気で、日本などの先進国だけでなくアジアやアフリカの新興国でも問題となっています。患者はさらに増え続けて2030年にはおよそ5億5200万人となり、成人の10人の1人と割合です。糖尿病にはいくつかの種類がありますが、およそ95%が食生活の乱れや運動不足などが原因の2型糖尿病です。2型糖尿病を予防するのに効果的なのが、コーヒーです。コーヒーに含まれているカフェインには脂肪の燃焼を促進して炭水化物をエネルギーとして利用しないように働きます。糖尿病は肥満の人がかかりやすく、カフェインで脂肪が効率良く燃焼されればカロリーオーバーになりません。一方で、炭水化物を使わないので血中のブドウ糖濃度は増えます。しかし健康な体では血糖値を上げないように、インスリンが正常に働くので急激に高血糖になることはありません。コーヒーの効果は健康な人にのみ当てはまることです。糖尿病患者がコーヒーを飲むと、脂肪が燃えて肥満は改善されますが、インスリンの働きが悪いためブドウ糖を吸収してエネルギーに変えることができません。その結果コーヒーが症状を悪化させる原因となるので、あくまでも予防に有効といえます。さらにコーヒー好きな人にとっては、コーヒーを飲むことでストレスを解消できます。過度なストレスは血糖値を上げるホルモンを放出させるので、ストレスを溜めないことも予防につながります。コーヒーを飲む時はブラックがおすすめです。苦味が苦手な人はミルクを最小限に抑えて甘味を加えます。缶コーヒーにはジュースと同じくらい砂糖を入れていることが多いです。嗜好品なので水のように飲むことはおすすめできませんが、食後の1杯には最適です。